top of page
DSC05076.jpg
当社について

 

氷川神社と相模原の歴史・信仰についてご紹介いたします。

お祭りについて

 

氷川神社で執り行われるお祭りについて

ご紹介いたします。

各所開設時間

 

御朱印

 午前9時より午後4時ごろまで​​

お札・お守り・おみくじ授与所

 午前9時より午後4時ごろまで

納札(古いお札・お守りの納め所)

 午前9時より午後4時ごろまで​ 

(閉鎖時間は状況により変わる場合があります)

​近日中のおまつり・催し

2月1日 午前9時 月次祭​

2月3日 午後3時 節分祭

厄落としの豆撒きを務められる福男・福女のお申し込みを承っております。ご希望の方は前日までに社務所へお申し込み下さい。(初穂料1万円)

※今年も豆撒き・福物の交換はありません​が、祭典後福豆を配布致します(無くなり次第終了)​

2月11日 午前9時 紀元祭

      引き続き 末社福徳稲荷大神 初午祭

      午前11時 氏子崇敬会会員福引き

      午後1時30分~ 奉納演芸披露

      露店出店予定

2月17日 午前9時 祈年祭

​2月23日 午前9時 天長祭

​​​

※限定ご朱印について

月参りのご朱印として毎月の行事や季節に因んだ絵替りのご朱印を頒布致しております。月参り御朱印は紙でのお渡しのみとなります。通常のご朱印は帳面への押印も可能ですので、どちらもご希望の方は社務所ご祈祷受付へお声掛け下さい。

※初午祭御朱印 2月1日~2月17まで(書置き)

但し、2月5日・11日・17日は正午から直書き可

 

※紀元祭御朱印 2月1日~2月11日まで(書置き)

但し、紀元祭当日(2月11日)は正午から直書き可

※祈年祭御朱印 2月1日から2月17日まで(書置き)

但し、祈年祭当日(2月17日)は正午から直書き可

 

※天長祭御朱印 2月1日~2月23日まで(書置き)

但し、天長祭当日(2月23日)は正午から直書き可

※勧学奨励祈願受付中

この春から幼稚園・小学校・中学校・高校・大学等へご入学、またはご進級なさるお子様を対象に、『勧学奨励祈願(かんがくしょうれいきがん)』を承っております。氏神様にこれまでのご加護に対し感謝申し上げるとともに、これから毎日使うランドセルや鞄・文房具などをお祓いし、お子様の健康と学業成就さらには通学の安全をお祈り致します。

         初穂料 お子様1名 五千円

※ご予約を承っております。詳しくは社務所まで。

​新型コロナウィルス感染症への対応について

【昇殿祈祷の人数制限】

コロナウイルス感染症の拡大防止を鑑み、厄除け・安産祈願・家内安全等の御祈願の場合は、願主様の他1名のお付き添いの方とさせて頂けます。

また会社等の御祈願に関しましては、御代表者様とお連れ様お一人とさせていただきます。

初宮詣・七五三詣等でのお詣りにつきましては、お祝いのお子様と御両親様、お祝いのお子様の御兄弟(姉妹)様まで御昇殿いただけます。お祖父様・お祖母様につきましては、当日の状況により判断させていただいております。場合によってはご祈祷のあいだ控室等でお待ちいただきますので御了承願います。その他の御親戚につきましては、御祈祷の間控室または境内にてお待ちいただきます。​(個別の御事情が有られる場合は、受付の際にお申し出下さい)

御祈祷は、一度に御昇殿される人数を調整させていただいております。窓を開放し、換気に配慮致しております。また、各所に除菌液を設置致しております。御祈祷の際は、マスク着用のままで結構ですので各自御持参下さい。

【その他】

・手水の柄杓、賽銭箱の鈴緒は一時撤去致します。

・境内各所に手指消毒用アルコールを設置致します。

・控室には空気清浄機を設置し、拝殿は常時窓を開けて換気を行ないながら御奉仕致します。

・御祈祷受付所、授与所等にはビニールカーテンを設置し、飛沫防止を心掛けます。

・御殿に上がらず御祈祷をお任せいただく【お預かり祈祷】や郵送お札が届く【郵送祈祷】も承っております。

御祈祷・結婚式・地鎮祭

 

初宮詣・七五三詣・厄除けなど皆様の

人生儀礼に関わる御祈祷・お祓いについてご紹介いたします。

交通アクセス
 
鎮座地 神奈川県相模原市
      中央区清新4-1-5
 
JR横浜線 相模原駅 徒歩10分
JR相模線 南橋本駅 徒歩15分
 
バス JR横浜線
      相模原駅南口→橋本駅北口ゆき
      【橋55】神奈川中央交通 約5分
    JR横浜線・相模線・京王相模原線
      橋本駅北口→相模原駅南口ゆき
      【橋55】神奈川中央交通 約15分
           氷川神社前下車

出張カメラマンによる境内での撮影受け入れについて

これまでは、境内でのカメラマンによる撮影について御祈祷の有無に係わらず受け入れをさせて頂いておりました。近年その数も増え、従来は無かった問題も神社で起こるようになりました。このままでは、日々お参り頂いている参拝者の方に御迷惑をお掛けする事にもなり兼ねませんので、以下のように規制を設けさせて頂きます。御協力の程お願い申し上げます。

①神社境内に於いて営業目的の撮影を行う場合は、昇殿祈

祷参拝者に限り受け入れ致します。(御祈祷をされない方の出張撮影は御遠慮致します。)

委託カメラマンの殿内及び控室内の撮影は御遠慮願います。(境内のみ撮影可・外から殿内の撮影は不可)

③撮影前に祈祷受付にて受付し、腕章を貸出し致します。

④その他、神社の意向に沿って撮影頂きます。

御本人様方又はお身内の方が境内で撮影をされる場合は、これまで通り境内で自由に撮影頂いて結構です。

​令和3年4月1日

bottom of page